手作りケフィアヨーグルト

自家製ヨーグルトの危険とは

自家製ヨーグルトには衛生面に気をつけないと、
白カビが繁殖することがあります

 

以前テレビでも、放送されていたので、気になった方も多いと思います

 

手作りヨーグルト 白カビ

 

表面に生えるカビとは違って
空気中浮遊している白カビがヨーグルト内で増えるため、目でみてもわかりません

 

白カビにも多くの種類がありカマンベールチーズの白カビは食べても大丈夫ですが、
ヨーグルトに発生する白カビは別物です
味や匂いでも気づかないので、知らずに食べて、最悪おなかをこわす危険があります

 

ケフィア以外でも市販されているヨーグルトの一部を
牛乳に混ぜて増やす方法-いわゆる「植え継ぎ」をする方もおられますが
もうひとつの危険は、植え継いだからといって、
同じヨーグルトになるかどうか、わからないということです

 

乳酸菌のなかには偏性嫌気性菌といって、
酸素に触れると死滅してしまう乳酸菌がいます
たとえば明治のLG21はこのタイプです

 

偏性嫌気性菌以外ならたしかに植え継ぎによって
ヨーグルトを増やすことは可能ですし
牛乳代だけですむので、ヨーグルトを買うより価格も抑えられます

 

スプーンや容器の殺菌をして、温度管理をきっちりすれば
2回から3回程度なら、「植え継ぎ」できるかもしれません

 

しかし、市販のヨーグルトにもいろいろな種類の乳酸菌が配合されていて
各社独特の配合や製法があります

 

手作りすることによって、環境もかわりますから
市販の状態の乳酸菌の種類や数が、まったく同じとはかぎらないのです

 

自宅で手作りヨーグルトの分析をすることは不可能ですし
せっかく手作りしても、元のヨーグルトとおなじ効果がえられないばかりか
衛生面でも危険が伴うとなれば
やはり市販のヨーグルトを「植え継ぎ」して増やすのは
止めておいたほうがよいという結論になります

 

カスピ海ヨーグルトは植え継ぎ可能か?

このサイトでは、ヨーグルトの植え継ぎをおすすめしていませんが
カスピ海ヨーグルトの種菌を販売してるフジッコさんのサイトでは
カスピ海ヨーグルトは植え継ぎOKとなっています

 

もちろん容器の熱湯消毒など衛生に気をつけて行わなければいけませんが
1ヶ月以上は植え継ぎ可能とのことです

 

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌の詳細と購入はこちらから公式サイトへどうぞ

 

 

ケフィアヨーグルトは植え継ぎ可能か?

ケフィアヨーグルトも「植え継ぎ」で増やすことは可能ですが
自己判断でお願いします

 

「植え継ぎ」には衛生上の問題があるからです

 

ケフィアヨーグルトは発酵食品=生き物であるがゆえに、
スプーンについた雑菌や空気中の雑菌の影響によって変質する可能性があります

 

種菌からケフィアヨーグルト作る場合でも、以下に気をつけましょう

 

容器は熱湯で殺菌して、ヨーグルトメーカーを使うのがベスト
ヨーグルトに使う容器はもちろん、作る前には手洗いしましょう

 

ケフィアヨーグルトの種菌は、混ぜずに牛乳にふりかけるだけ
空気中の雑菌が入らないように、できあがるまで蓋を開けないこと

 

出来上がったケフィアヨーグルトは3日を目安にして早めに食べ切りましょう
何度も混ぜるのもNG
取り分ける際のスプーンも清潔なものを使いましょう

 

以上に注意しておいしい自家製ケフィアヨーグルトをお楽しみください

 

 

ケフィアヨーグルト

ケフィアヨーグルトは、ロシアでは

кефирケフィール(ケフィア)として
ヨーグルトになった状態で売られていますが
日本ではスーパーなどで市販されていません

 

日本でケフィアヨーグルトを食べる方法は、
ケフィア種菌を購入して自宅で手作りすること

 

ケフィアヨーグルト種菌の購入はこちらケフィア倶楽部